メラニン生成を防ぐためには

シミ予防の観点から美白化粧品をなるべく使用しないでケアする方法を探ってみたいと思います。

シミ対策の基本中の基本である、まず最も大きな原因となる紫外線を防ぐことです。

お天気でも曇りの日でも雨の日でも紫外線は常に降り注いでいます。

紫外線対策には美白化粧品が必要かもしれません。

次にメラノサイトを攻撃する伝達物質を防ぐことです。

これは紫外線の他、肌への刺激も伝達物質を出してしまう原因になるので、なるべく肌への刺激を抑えましょう。

次にメラノサイトの中のメラニンの反応を防ぐことです。

メラノサイトの中でメラニンを作る道具となる酵素の働きを阻害することでメラニンの反応を防ぐことができます。

メラニンを作るための酵素の働きを阻害するために美白化粧品が必要になるようです。

最後にメラノサイトがメラニンを表皮細胞に渡すのを防ぐことです。

表皮細胞に渡すことができなければシミが広がることもなく、肌のターンオーバー作用で表皮と一緒に排出されるのを待つことができます。

還元作用タイプの欠点とは

では、還元作用タイプの美白化粧品には何か欠点のようなものがあるのでしょうか。

欠点ではありませんが、実は注意するべき点が2つあります。

ひとつは美白化粧品に含まれる美白有効成分は、自らが酸化して、酸化した物質を還元するのですが、それはつまり酸化しやすい不安定な物質であると言えるのではないでしょうか。

不安定なので変質もしやすくて、変質してしまった美白有効成分を知らずにつけてしまうと肌に悪影響が出ます。

使用する時は消費期限も確認しておきましょう。

美白化粧品のランキング

もうひとつはメラノサイトの働きを止めることができるということは、正しい用量より少し多めに使い続けると完全にメラノサイトが活動を停止してしまい、使い続けた部分に白斑ができる可能性もあります。

ただ美白化粧品に配合されている美白有効成分は安全であるという基準の量しか配合されていないので用法や用量を守って使用すれば心配することはないでしょう。

この美白有効成分を使用する時には、それなりの注意が必要なようです。


Comments are closed.